ゴミは放置しておくと非常に危険な物です。ゴミ屋敷片付けなら沖縄クリーンセンターにご相談ください。

粗大ごみ回収・ゴミ屋敷片付けの沖縄クリーンセンター
ゴミ屋敷の片付け・粗大ごみ回収なら0120-947-765沖縄クリーンセンターへ!
各種クレジットカードご利用いただけます!

ゴミ屋敷・ゴミ部屋に潜む危険性とは

ゴミ屋敷の危険性

ゴミは長い間部屋にため込んでしまうと、さまざまな危険性が出てきます。
ゴミの重さに耐えきれず床が落ちてしまったり、
ネズミなどの害虫が電源コードやコンセントなどをかじって電気が漏電してしまい、
結果ゴミが燃えてしまい火災にまで発展したり、異臭問題で近隣の方とトラブルになったりなど‥‥

このようにゴミ屋敷はさまざまな危険性を秘めています。
そういった危険を回避するためにもまずは、沖縄クリーンセンターにご相談ください。
ベテランのスタッフが全力で対応させていただきます。
ゴミに埋もれ漏電の危険

認知症を煩いゴミ屋敷に…

超高齢化社会とは65歳以上の方の割合が全体人口の21%を超える現象で、現在はまだ高齢化社会でとどまっているものの21%になるのは時間の問題ともといわれています。そういった社会になれば今よりも更に高齢者の生活は困難なものになってきます。そのなかで老老介護をしている夫婦などが両方とも認知症を患ったりすることも多くなってきました。そういった状態になると、片付けも自力では困難になりやがて家はゴミ屋敷化します。こういった時は家族が支えていかなければならないのですが気付かないまま放置してしまっている場合も多い様です。

認知症が原因でゴミ屋敷化

プライバシー管理もお任せ下さい

ゴミ屋敷の片付けの際に、ご近所の目が気になる方も沢山いらっしゃいます。沖縄クリーンセンターではこういったお客様のプライバシー管理も徹底して行っております。迅速な片付け、不用品回収作業中の音に対しても最小限に抑え、ゴミ出しの搬入作業もなるべく目立つコトが無いように経路を確認し、細心の注意を払いながら作業させていただきます。またその他でもお客様ご自身のご要望がございましたらお気軽にお伝え下さい。

ゴミの中に埋もれた危険物

ゴミの中でも特に危険なのが、スプレー缶やライターなどで、
積み上げられたゴミの重みに耐えすことができず、
スプレー缶からガスが漏れたり、ライターからオイルが漏れたりなど
火災が発生する可能性があります。
実際にゴミ屋敷積まれたゴミが原因となって火災が発生したケースも少なからず存在します。

そういったことにならないように出来るだけ早く業者に依頼して
ゴミを片付けてもらうようにしましょう。
case05

サービスご利用されたお客様の具体例

ゴミ屋敷の背景には精神疾患を患っていらっしゃる方も多いのですが、とても身近な問題でもあります。例えば仕事が忙しく、片付けがなかなか出来ない、疲れていて片付ける気力がない、また趣味が多く気がつけば道具やコレクションがどんどん溜まってしまっていたなどゴミ屋敷になってしまう要因はささいなことです。これは実際にサービスを利用して頂いたお客様の一例です。

足の踏み場がない程ゴミ

元々、片付けるのが得意な方だったのですが仕事が忙しくなり、家事もあまりしなくなり何をするのも面倒になり洗濯物さえも面倒になり服は散乱していき気付くと足の踏み場がない程でした。またゴミ出しもタイミングを逃し続けベランダに置いて居ましたがそれも限界になってきて部屋の中に置く様になり、一部屋がゴミ箱状態なっていました。これでは友達も呼べないと思っていたところホームページでクリーンセンターを見つけ頼むことにしました。約3時間程度で片付け居て頂き元通りキレイにして頂き大変助かりました。

ゴミ屋敷の片付け事例

< 那覇市在住 26歳 女性 >

1時間程度で全て見積り回収して頂きました。

趣味が多く、部屋の広さを考えず趣味の道具が増えていきオーディオ、パソコン製品やスノーボード、サーフィンボード、自転車、バイクなどで溢れていました。ゴミ屋敷の一歩手前まで、もう足の踏み場もありませんでした。そこである程度使っていない物を減らそうと思い、売却、処分する事にしました。それぞれに持ち込みで買取に行っても良かったのですが運び出すのが面倒、査定時間を待ったりするのも面倒で自宅にきてくれ買取、また買取出来なかった物は回収してくれる沖縄クリーンセンターに依頼しました。朝、電話して夕方にはとりに来てくれ1時間程度で全て見積り回収して頂きました。

ゴミ屋敷の片付け事例

< 浦安市在住 35歳 男性 >

粗大ごみ回収・ゴミ屋敷片付けの沖縄クリーンセンターへのお問い合わせは0120-947-765まで